事業紹介

異形鋼(差厚鋼板)

精密異形鋼(差厚鋼)

ご希望の断面形状を、高品質低コストで実現。

当社が誇る圧延技術と成形加工技術で生まれた異形鋼部材の用途は、精密分野から建築分野まで幅広くユーザーにご利用いただいています。

 

異形鋼(差厚鋼板)の特長

高精度な異形断面鋼
独自の圧延技術と専用圧延機によりご要望の断面形状を精密に成形します。
帯状の異形鋼に最適
一般的に異形鋼の素材には丸線を使用しますが、日本金属では帯鋼を主に使用してます。その為、断面形状が帯状の異形鋼を得意としています。
独自設備による成型加工
ノウハウから創出した独自設備でお客さまに最高の製品をお届けします。
要望に合わせた製品形態
お客様が最も使いやすい形態(オシレート巻き、コイル巻き、定尺品、最終製品形状)でお届けします。
ハイブリッド加工
圧延技術と成型加工技術(フォーミング・引抜・プレス)を組み合わせることで高品質・低コストな製品をお届けします。

製造工程・範囲

製造可能範囲

当社の加工技術は素材を選びませんステンレスから普通鋼・ケイ素鋼・チタンなど、お客さまの希望する製品をお届けします。

■オーステナイト系ステンレス

SUS304・SUS304L

SUS316・SUS316L

SUS301

■フェライト系ステンレス

SUS430・SUS430LX

SUS444・430MA

■マルテンサイト系ステンレス

SUS410S・SUS420J2

■特殊鋼

SCM415,SAE1010

S50C・S60C・SK75

SK85・SKS81

■普通鋼

SPCD・SPCE・SPCC・SPHC

■非鉄金属

■純ニッケル・純チタン

製造工程

日本金属の精密異形鋼はお客さまの用途・仕様・形状ごとに素材の設計、材料の選定を行い、最適な成形プロセスを選択します。製品形態はオシレート巻き・コイル巻き・定尺品・最終製品形状までの加工など、お客様の最も使いやすい形態でお届けいたします。

表面粗さ0.2μm

技術

自在な製品形状

形状設計

FEM解析(Finite Element Method:有限要素法)を用い、成形時の応力や負荷シミュレーションをすることで製造コストの低減と短納期化を実現しています。

製造設備

製造設備

圧延加工は独自設計した4方向圧延機を用いています。この設備はインラインでAGC(Automatic Gage Control:自動板厚制御)や画像検査装置を備え、全長保証をしながら高速成形することができます。また、圧延機とロールフォーミングマシンを組み合わせることで複雑な形状も成形します。

3タンデム4方向精密圧延機

3タンデム4方向精密圧延機

品質保証

検査装置

精密異形鋼専用に開発したインライン画像検査装置により、一般的な抜き取り検査ではなく、全長保証体制を実現しました。ますます高精度を要求される精密異形鋼において多くのお客様から高い信頼を得ています。
また、お客様の様々なニーズ、多様化する品質に常に対応し続けるため、積極的に検査装置を導入しています。

インライン表面画像検査装置

インライン表面画像検査装置

プロファイル画像測定装置

プロファイル画像測定装置

  • 自動振れ検査装置

    自動振れ検査装置

  • 表面画像検査ライン

    表面画像検査ライン

  • CNC三次元形状測定機

    CNC三次元形状測定機

  • 引張試験機

    引張試験機

製造拠点

製品カタログダウンロード

加工品 製品カタログ

製品カタログのダウンロードをご希望のお客様へ

下記の「ダウンロード申請」より情報をご入力の上、ご依頼ください。
自動返信メールにて、製品カタログPDFをダウンロードするためのURLをお送りいたします。

関連製品

異形鋼(軽量・高強度)

異形鋼(軽量・高強度)

加工品製品 / 精密機器 / 自動車 / 事務機器 / 建築 /

異形鋼(生産性・コスト改善)

異形鋼(生産性・コスト改善)

加工品製品 / 精密機器 / 自動車 / 事務機器 / 建築 /

異形鋼(高精度・高品質)

異形鋼(高精度・高品質)

加工品製品 / 精密機器 / 自動車 / 事務機器 / 建築 /

お電話でのお問い合わせは「加工品営業開発課」まで

03-5765-8150

受付時間:(平日)8:50〜17:30

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム