沿革

[誕生]1930年~

当時の製鋼工場
当時の製鋼工場
1930年11月
創業(王子工場)
1939年12月
設立(日本特殊鋼材工業株式会社)
1940年6月
板橋工場竣工
1945年10月
商号を日本金属産業株式会社に変更
1953年5月
本邦における輸入第1号センヂミア冷間圧延機の運転開始
11月
加工品部を新設
1959年7月
商号を日本金属株式会社に変更

[成長]1960~

竪型光輝焼鈍炉
竪型光輝焼鈍炉
1960年11月
技術研究所設置
1962年11月
ステンレス鋼帯製造設備の合理化完成(センヂミア冷間圧延機第2号機、スキンパスミル、竪型光輝焼鈍炉を導入)
1965年5月
加工品事業部を新設
1969年11月
板橋工場にコンピュータ導入による管理センターを新設
1973年5月
技術研究所本館を新築
1974年6月
埼玉工場竣工
1975年11月
加工品事業部を分離し、日本金属商事株式会社を設立

[飛躍]1980~

センジミア冷間圧延機 6号機(4フィート幅)
センヂミア冷間圧延機 6号機(4フィート幅)
1980年9月
板橋工場にセンヂミア冷間圧延機6号機(4フィート幅)を導入
1981年10月
電磁事業部を新設
1982年10月
精密管事業部を設新設
1983年1月
岐阜工場竣工
1985年7月
プレス事業部を新設
1986年7月
電磁事業部、精密管事業部、プレス事業部を分離し、その商権を日本金属商事に移管
1990年11月
福島工場竣工
1991年6月
板橋工場に高性能精密多段圧延機(KTミル)を導入
1992年9月
板橋工場にテンションアニール炉を導入
1993年9月
岐阜工場に大型平鋼製造設備を導入
1994年6月
埼玉工場に精密異形鋼製造設備を導入

[世界へ]1995~

精密異形鋼焼鈍ライン(福島工場)
精密異形鋼焼鈍ライン(福島工場)
1995年12月
日本金属タイランド(ビックランド)開設
2000年4月
板橋工場にステンレス箔専用光輝焼鈍炉(1号炉)を導入
2002年4月
マグネシウム合金帯の生産開始
9月
香港事務所を開設
2003年10月
加工品営業部門を新設し、日本金属商事から商権を移管
2004年10月
王子工場を板橋工場に統合
2006年7月
日本金属タイランド(ロジャナ)開設
10月
板橋工場にステンレス箔専用光輝焼鈍炉(2号炉)を導入
12月
上海事務所を開設
2007年9月
板橋工場に箔・薄物専用圧延機を導入
2010年4月
岐阜工場に精密管自動外観検査装置を導入
2011年7月
板橋工場にステンレス箔専用形状矯正ラインを導入
2012年4月
日本金属タイランド(ロジャナ)に加工品製造工場を開設
6月
福島工場に自動車部品用 精密異形鋼製造ラインを導入
2013年7月
日本金属マレーシア開設
2014年7月
上海事務所を現地法人化(日旌鋼鉄貿易(上海)有限公司)