HS仕上げ・nanoHS仕上げ

加工による表面肌荒れを抑制

SUS304ばね材は、携帯電話やデジタルカメラなどIT関連の機能部品をはじめとする多くの部品に使用されています。 今回、SUS304ばね材において、強度と加工性のバランスに優れ、加工肌荒れを抑制した材料を開発しました。

採用例

  • トナーブレード

  • スマートフォン用
    シャーシ

特長

加工性
一般の1/2H仕上げ材に比べ、張り出し加工性が良好です。
仕上げ
加工レベルに合わせた2水準の仕上げが選択できます。(HS230/HS270)
加工肌荒れ
曲げ部など加工面の肌荒れは最小限に抑えられます。
形状安定
スプリングバック量のバラツキが少なく、また、素材の残留応力も低いため加工後の形状が安定します。
磁性
素材の透磁率(μ)は焼鈍材とぼほ同等です。

詳細

加工後の表面状態

曲げ部の肌荒れが大幅に軽減されます。

鋼種・仕上げ

製造可能範囲

機械的性質(代表値)

仕様に関する詳細情報

お電話でのお問い合わせは「鋼帯営業開発課」まで

03-5765-8110

受付時間:(平日)8:50〜17:30

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム