L・DieL(ルディール)

金型摩耗を抑制し
メンテナンスを低減

ステンレス鋼の耐食性は表面にある不動態皮膜により維持されていますが、その皮膜自体は酸化物のため、プレス加工時の金型寿命に悪影響を及ぼすと考えられています。一般に銅系材料よりも金型寿命が短いのはこのためとも言われています。
この「ルディール」は、その不動態皮膜を改質(軟質化)した製品です。

採用例

  • ベアリングリテーナー

  • 紙送りギア

  • シムなど高速の
    連続プレス部品

特長

材料改質
表面皮膜をプレス加工に適するように改質することで、金型磨耗が抑えられます
金型寿命向上
プレス加工時の金型寿命が向上し、金型交換回数・メンテナンスの削減が図れます
外観・材料特性
外観や表面肌はもちろん、耐食性や機械的特性等の物性は一般ステンレスと同様(JISに準拠)です

詳細

表面皮膜、及び金型摩耗イメージ図

基材:SUS304,1/2H,0.1mm
クリアランス:5μm
ストローク:600spm

プレス回数とバリ高さの関係図

鋼種・仕上げ

製造可能範囲

仕様に関する詳細情報

関連製品

お電話でのお問い合わせは「鋼帯営業開発課」まで

03-5765-8110

受付時間:(平日)8:50〜17:30

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム