異形鋼(生産性・コスト改善)

加工品製品, 精密機器,自動車,事務機器,建築, 異形鋼

異形鋼(生産性・コスト改善)

生産性・コスト改善

異形鋼で生産性やコスト削減を実現しています。
例えば、凹凸を切削加工していた部品は異形鋼に代替する。研磨している部品は異形圧延で製品寸法近くまで圧延するといった、手間のかかる工程の省略や切削屑を削減し、生産性やコストを改善します

採用例

  • ニードルベアリング用
    リテーナー
    (パイプ切削から切替)

  • 点字鋲
    (切削から切替)

  • 映像機器用コネクター
    (直尺からコイルに切替)

  • ポンプ部品
    (研磨から切替)

改善事例

切削、研磨からの切替

素材を異形鋼に替えることで生産性の改善が可能です。例えば、プレス後に切削していた部品や切削で凹凸形状にしていた部品を異形鋼に代替するといった、切削の省略で生産性やコストを改善します。

 

素材の形態を定尺からコイル替えて
連続加工や歩留りを改善

素材の形態を替えることでコストの改善が可能です。例えば、形態を定尺品からコイル巻に替えて連続加工にすることで1本ごとに発生していた段取りやロスを削減し、歩留りや生産性を改善します。

 

作業性向上や部品の簡素化

穴加工箇所を薄肉化する事で作業効率を改善できたり、厚みの足りない部分を厚肉化する事で高強度化や部品の簡素化につながります。

関連製品

異形鋼(軽量・高強度)

異形鋼(軽量・高強度)

加工品製品 / 精密機器 / 自動車 / 事務機器 / 建築 /

異形鋼(高精度・高品質)

異形鋼(高精度・高品質)

加工品製品 / 精密機器 / 自動車 / 事務機器 / 建築 /

お電話でのお問い合わせは「加工品営業開発課」まで

03-5765-8150

受付時間:(平日)8:50〜17:30

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム