高板厚精度材

業界トップレベルの板厚精度

AGC:Automatic Gage Control(自動板厚制御装置)により、出側板厚を設定板厚に収束させます。
AGCは、入側板厚を検出し、設定板厚へ瞬時に圧延ロールギャップ制御を行い、板厚変動の振れ幅の低減をするFF(Feed Forward)-AGC制御と、出側板厚を検出し、板厚中心値へ制御を行う、FB(Feed Back)-AGCの相互制御により、高板厚精度圧延を実現しております。

採用例

  • HDD

  • オサ

  • スマートフォン用
    シャーシ

特長

全長保証
2ft幅以上の全ての圧延機にX線厚み計・自動板厚制御装置を導入、コイル全長をX線板厚計で測定し業界トップレベルの板厚精度を保証します。
板厚精度
板厚精度の良い原料ホットコイルの選定することで、加工精度のバラツキを最小限に抑えることができます。
板厚公差
最新の高剛性センヂミア圧延機を駆使し、JISの1/3以下の公差を実現。高板厚精度での圧延により、HT材では機械的特性の安定化も可能です。

 

詳細

板厚公差

お電話でのお問い合わせは「鋼帯営業開発課」まで

03-5765-8110

受付時間:(平日)8:50〜17:30

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム