最新情報

当社極薄電磁鋼帯を使用した電気自動車用モータについての論文が発表されました。 (於:第18回 日本金属学会東北支部研究発表大会)

去る2019年11月16日に 仙台高等専門学校 名取キャンパス(総合科学教育棟)
(〒981-1239 宮城県名取市愛島塩手字野田山48)において第18回 日本金属学会東北支部研究発表大会「21世紀を支える構造材料」が行われました。

この学会のジュニアセッションで、ジュニアドクター育成塾の塾生たち(仙台市立錦が丘中学校、仙台市立広瀬中学校の皆さん)が、科学技術早期教育支援のために提供した当社極薄電磁鋼帯を用いてエコラン競技用電気自動車用モータを製作し、その製作方法や様々な評価結果について発表され、当社極薄電磁鋼帯を使用したモータは、微小電流で計測するLCRメータで銅損、鉄損に対応する抵抗値を約70%程度まで低減し、負荷運転試験においては高負荷域まで平均10%程度効率向上していることを実証しています。
その詳細については添付PDFをご覧下さい。

試作サービスセンター