健康経営宣言

日本金属株式会社は、「日本金属グループは、圧延事業とその加工品事業を中核に新しい価値の創造を推進し、広く社会に貢献します。」の企業理念のもと、「社員の個性を尊重し、自由闊達な風土のもと、活力ある会社を目指します」を経営方針の1つに掲げております。
当社は、社員一人ひとりの心身の健康づくりに積極的に取組み、社員がいきいきと働くことができる「活力ある会社」を目指して、「健康経営」を推進することを宣言します。

当社の「健康経営」を推進する体制及び「健康経営」における目標値と重点施策は、以下の通りであります。

健康経営推進体制

当社は、健康経営を推進するため、当社代表取締役が任命した「CHO(最高健康責任者)」を委員長として、「健康経営推進委員会」を設置しております。

健康経営推進委員会においては、CHO及び管理部門長を中心に各事業所健康責任者(工場長等)を委員として、全社的な健康増進施策の検討及び推進を行います。また、日本金属健康保険組合と連携し、グループ各社への情報共有や施策の展開についても取組んでまいります。

目標値

当社では、「健康経営」の推進にあたって、日本金属健康保険組合から毎年共有される「健康スコアリングレポート」を基に、課題の抽出及び施策の検討を行っております。各課題とその目標値は以下の通りです。

項目/年度 2016年度
実施結果
2017年度
実施結果
2020年度
目標数値
2025年度
目標数値
【参考】
2017年度
実施結果
(全組合平均)
① 特定健診実施率 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 88.5%
② 肥満 44.6% 45.2% 42.5% 40.0% 41.7%
③ 高血圧 42.5% 34.0% 30.0% 25.0% 35.1%
④ 肝機能 36.1% 37.7% 35.0% 30.0% 35.0%
⑤ 脂質 25.5% 27.8% 25.0% 20.0% 23.8%
⑥ 血糖値 65.0% 46.3% 45.0% 40.0% 33.9%
⑦ 喫煙率 38.1% 37.9% 35.0% 30.0% 29.7%

※上記データのうち②~⑦は、日本金属健康保険組合の被保険者であって、特定健診を受診した者のうち、以下の基準に該当した者の割合であります。

  • 肥満:BMI25以上、または腹囲85cm以上(男性)、90cm以上(女性)
  • 高血圧:収縮期130mmhg以上、または拡張期85mmhg以上
  • 肝機能:AST31以上、またはALT31以上、またはγ-GT51以上
  • 脂質:中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満
  • 血糖値:空腹時血糖値100mg/dl以上、またはHbA1c5.6%以上
  • 喫煙率:喫煙習慣への調査に対して、たばこを習慣的に吸っていると回答した者

重点施策

1.身体の健康づくりへの取組み

活動量計(ウェアラブル端末等)の利用促進や外部のスポーツクラブとの法人契約に加え、社内の食堂や自動販売機で提供する飲食物のカロリー等を表示するなど、適切な運動・食事習慣の定着による健康な身体づくりに取組んでいます。

2.心の健康づくりへの取組み

ストレスチェックの結果を基にした高ストレス職場の改善や、産業医の定期的な面談対応及び外部の専門家による相談窓口設置など、メンタルヘルスの向上を図る仕組みを整備しています。

3.働きやすい環境づくりへの取組み

従業員のワークライフバランスを重視し、有給休暇の積極的な取得勧奨やノー残業デーの導入(2010年より)などの長時間労働抑制施策に加え、セルフ・キャリアドック導入(2019年より)などのキャリア開発にも積極的に取組み、健康で働きやすい環境づくりを行っています。

4.ヘルスリテラシー向上への取組み

各事業所に健康機器を設置し自身の健康への関心を喚起すると共に、定期的なヘルスセミナーの開催を通してヘルスリテラシー向上を目指します。

試作サービスセンター